ブログパーツ


 ブログランキング参加中
 共感していただけたら
 クリックをお願いします。
      
    ブログランキング・にほんブログ村へ
   

意地でも公園へ行かない馬鹿親!

   
朝の10:00頃から馬鹿亭主と馬鹿嫁が、躾されていない自分の馬鹿な子供を

道路で遊ばせています。

相変わらず

マ~~マ~~~、マ~~マ~~~

と飽きもせず、叫んでおります。

この馬鹿餓鬼も馬鹿親も道路にいて、何が楽しいのか全く理解できません。

第一、道路は遊ぶ場所ではなく、車や自転車や人が通行する所です。

道路で遊んだりしていては邪魔になる事ぐらい、常識のある人ならわかります。



この辺りの近所には、徒歩3分の場所に公園があります。

その公園にはブランコや鉄棒、雲梯、砂場など子供が喜びそうな遊具がたくさん

あります。

少し離れていますが、歩いて5分ぐらいの所に他の公園が2ヶ所もあります。

1つは少し広い公園です。

そこは、ちょっとしたボール遊びができるほどの広い場所があります。

バトミントンなども余裕でできます。

そんな恵まれた環境にも関わらず、馬鹿親2人は決して馬鹿餓鬼を連れて行こうと

しません。

躾できていない自分の馬鹿な子供が、よほど嫌いなようです。



この馬鹿餓鬼どもは、みんな性格が悪いので馬鹿親が嫌いなのもわかる気がします。

しかし、それは馬鹿親の遺伝子を立派に受け継いでいる証拠です。

馬鹿亭主と馬鹿嫁2人とも性格が悪いため、それが遺伝しただけの話です。

馬鹿餓鬼の性格が悪いのは、馬鹿親の自業自得です。

自分の嫌いな子供と自立するまでの長期間一緒にいなければならないなんて、

地獄ですね。

本当にご愁傷様です






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガーベラ

Author:ガーベラ
3年程前から、近所に住む非常識な道路族一家の騒音に悩まされています。

最新記事
広告
賃貸物件

人気記事ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
twitter