ブログパーツ


保育園、幼稚園に通わせない馬鹿親!

      
今日も朝の7:30頃から、いつものように

ギャ―――、ビエ―――、ギョエ―――

ギャ―――、ピギャ―――、ギイ―――

と馬鹿餓鬼が家の中で奇声を上げながら、

ドタバタドタバタ、ドドドドドッ

ドンドンドン、ガンガンガン

と暴れまくっています。

おまえは血迷った猿かと思わず、つっこみをいれなくなります。

毎日毎日馬鹿丸出しで、本当に恥ずかしい餓鬼です。

あ―――、腸が煮えくり返る



今日も朝からずっと、馬鹿餓鬼と馬鹿嫁は家の中にいます。

もちろん幼稚園にも保育園にも、連れて行っている気配はありません。

もう幼稚園に行っていてもおかしくない年齢です。

この馬鹿親2人は一体何を考えているのでしょうか?

普通の親御さんは、自分の子供がある程度の年齢になっても保育園や幼稚園に

通っていないと、不安になると思います。

しかし躾のできない馬鹿親は、お金を使いたくない為、自分の馬鹿餓鬼を幼稚園にも

保育園にも通わせません。

子供の将来なんて何も考えていません。



保育園や幼稚園に通わせているのと、通わせていないのとでは、確実に差が

出てきます。

まず同年代の子供との接し方がわかりません。

同年代の子供と遊ぶのには、必ずマナーやルールがあります。

普通は同年代の子供と遊びながらルールやマナーを学んでいくのですが、

保育園や幼稚園に通っていないとそれがわかりません。

ですので協調性がない大人になってしまいます。



こういう子供は小学校へ入学しても、確実に問題児になります。

小学校へ入学すると、幼稚園や保育園以上に協調性が求められます。

しかし保育園や幼稚園で身につけるべき協調性がないのですから、当然

問題児になります。

協調性がない問題児は、授業中にウロウロと歩き回ったり、同級生に暴力を

ふるったりします。

中学、高校と進むにつれて、エスカレートしていき、最後は犯罪者になる事も

あるでしょう。

こういう事にならない為にも、小さい頃からきちんと躾をする必要性があるのです。

躾をするのは周囲に迷惑をかけないという理由だけでなく、

自分の子供を守る為でもあるのです。

しかし馬鹿親には、こういう事が全く理解できません。

馬鹿餓鬼が大人になった時、馬鹿親はせいぜい自分の子育ての仕方を後悔しろ


ブログランキングに参加しています。
共感していただけたら、クリックをお願いします。
   

人気ブログランキングへ                                                      
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









 ブログランキング参加中
 共感していただけたら
 クリックをお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガーベラ

Author:ガーベラ
3年程前から、近所に住む非常識な道路族一家の騒音に悩まされています。

最新記事
広告

賃貸物件

人気記事ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
twitter